映画ドクターデスの遺産は実話なのか?考察してみました【ネタバレ注意】

ドクターデスの遺産 映画 日本の映画
画像出典:Tドクター・デス公式サイト

ここ最近はコロナの影響で何かと大変な中、映画界が再び賑わってきてます。

今回ご紹介する作品は『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-です!

なんと言っても二大スターが主演を務めるので楽しみでありますね!
どのような内容となるストーリーで実話であるのかどうか。徹底考察してみたのでお付き合い下さいませ。

ドクターデスの遺産ってどんな作品?

映画「ドクターデスの遺産」は東野圭吾の人気小説、60歳のラブレターや、神様のカルテ2、堀北真希が主演した白夜行を手掛けるなどエモーシャルな作品を作り妻は女優の宮澤美保(ホーチャンミ)の深川栄洋。

元々こちらの作品は中山七里の推理小説で依頼を受けて謎の医師が安楽死をさせるというちょっとミステリアスな展開でありながらも命について考えさせられる作品だ。

ドクターデスの遺産は中山七里が描く刑事犬養隼人シリーズの第四作目となり、主人公で検挙率NO1刑事の綾野剛(犬養隼人)が様々な難題に立ち向かっていきます。

 

この犬養隼人の相棒はNO1の頭脳派となる北川景子が演じる高千穂明日香(女性刑事)

 

この二人の演技にも注目していきたいところですね!

綾野剛に対する北川景子の凄まじいビンタシーンが見られるはずです(笑)

内容は「安楽死」についてとても考えさせられるストーリーのようで犬養隼人の娘も病気で療養中の為、安楽死に加担した者達の気持ちもわかり責めることが出来ないというなんとも言い難い展開が待ってます。

ドクターデスを追いかける姿、ハラハラドキドキしちゃいそう!

原作と映画では少しシナリオが違ってたりもするそうなので、原作を知る人などは違いも楽しみながら鑑賞することができるのではないでしょうか。

ドクターデスの遺産は実話なのか?ネタバレ注意

 

告知で『130人を安楽死させた実在の医師のモデルを描く禁断のクライムサスペンス』と謳ってるだけに、実在したモデルの方はいます。

ですが実在したモデルに基づいたフィクションです。

ノンフィクションにも近いような気もしますがそういうことも踏まえて観てみるのも楽しみの一つです。

それにしても130人を安楽死させた実在の医師のモデルがいたって事実が衝撃的なわけで・・・

そのモデルとなったのが、ジャック・ケヴォーキアンという人物。

ルーツはアルメニアでアメリカ人の元医師。

ミシガン大学を卒業後、デトロイトの病院などで病理担当の医師として活動。

1989年に自作の自殺装置を開発してその装置を元に130人者命を安楽死で奪ってきた男。「殺人医師」「死の医師」の異名を持っています。

2007年に自殺ほう助をしないことや自殺ほう助についてのコメントも一切しないことを条件に仮釈放される。

退所後も安楽死について色々な活動をしていた模様。

83歳の時に病の為死去。

医師として頑張ってきたのにどうしてこうなった?

この気持ちは当の本人にしかわからないことでしょうが。

そんな彼をモデルとした作品とあって注目したいです。

原作には登場していない人物で話題沸騰中の俳優、岡田健史が務める沢田圭(新米刑事)もこの作品にどのように絡んでくるのも見ものです。

 

どんでん返しの異名を持つ中山七里の原作とあって最後になにかがあるかも?

今回監督を務めた深川栄洋が中山七里の原作をどのように動かしていくのかを楽しみ観るしかありません♪

最後に


ドクターデスの遺産の公開日は2020年11月13日。

主題歌はALEXANDROS(アレクサンドロス)の新曲「Beast」です。

映画館できくと更に響きそうですね~♪

感想動画あります。

綾野剛、北川景子、岡田健史のコメントもあるのでみておきましょう。

『ドクターデスの遺産』には安楽死、尊厳死といったテーマでもありますが、命について色々と考えさせられるように思います。

観て感じることも大切でしょう。

また本作でしか見られない、犬養隼人(綾野剛)と高千穂明日香(北川景子)の息のあった連携にも注目し、公開を待とう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました